2016年12月27日火曜日

タンテ環境に革命! まじなる台を導入してみた

クリスマスは友人宅で集まってケーキをむさぼり食べてましたgekkoです。

今回はtwitterで話題のグッズを購入したのでそのレビューです。






その名も「まじなる台」









まじなるさんという方が発見した、amazonにて多目的台として売られているアレです。
クラブ全く関係ないのですがこれ本当にヤバい商品です。





自宅にタンテがある方や、現場でPCDJを使うけどタンテが常設されてるなんて人は買ってもいいのではないでしょうか? なんていうオススメ商品ですよこれ。









amazonの大き目な箱の中にこんなかんじで梱包されていました。








1セットはこちら
・台の天板
・台の足×2
・M6ネジ×5(うち一つは予備)
・六角レンチ






天板内部にこうやって荷物を仕込める感じになっています。
かなり便利ですね。付属の箱にしまって持ち運びなんてこともしやすそうです。












組み立てはいたって簡単で、天板と足をネジで留めるだけです。それが4か所あるだけ。
それで完成です。






あとは見てわかるとおりターンテーブルの上に被せれば台として機能します!



とりあえず自宅で使ってみた感想をまとめてみました。










メリット

・画像で見てわかる通り寸法が完全にSL1200と同じ。
まずはこれですね。完全にタンテ用と言っても過言ではない作りです。横幅も高さも完全にピッタリすぎて何も言えません。

・安い&そこそこ持ち運びしやすい
一つ2000円しないのでリーズナブルですし、上に書いたように板状にまとまるので便利でしょう。

・耐荷重15kgなので重いものにも対応
これスチール製でかなり頑丈なんですよね。自分の持っているVCI380は4.6kgあるし、世の中にはそれ以上の重さのコントローラーもあるでしょう。ですがこれを使えば大抵はどうにかなるんじゃないかなって思います。PCとかを置いてもいいですしね。




デメリット

・そこそこ重い
持ち運びしやすいサイズなのですが、スチール製なので1.6kgあります。持ち運ぶには少し考えてしまう重量ですね。

・奥行きが狭い
一般的なコントローラーやPCならいいのですが奥行きがやや狭いです。大きいものは使えるかどうかちょっと微妙なところです…
ですがこれは逆にメリットで奥行きがあるとSL1200シリーズのカバー特有の丸い部分にあたってしまうのでこれはこれでアリです。

・ネジが工具必須&やりづらい
付属のネジが六角レンチで回すタイプですし、回す部分がちょっと入り組んだ場所にあるのでやりづらいんですよね。
手で回せるタイプのネジに買い替えた方がいいかもしれません。




ざっとこんな感じです。

デメリットに関してなんですが、「欲を言えば!」って感じのことだらけですし本当にオススメの商品なんですよね。DJが作ったとしか思えない絶妙な寸法。
大抵のコントローラーなら置けちゃいますしPCDJを使っている方にこそ買って欲しいですね。あとクラブにはマジで常設機材として買って欲しいレベルです。