2016年1月29日金曜日

mixxxの不具合いつの間にか治っていた件

サー長になって、公式垢を使って宣伝したり、課題に追われたり忙しい日々です。
本日mixxx用にジャンク気味のDJコン買おうかなと思っていたのですがあまりにもジャンクすぎる(ボタンいくつか陥没、ダイアルにガリあり)だったのでやめました。


前回mixxxの運用に失敗(→前回の記事はこちら)し、mixxxを使う事のハードルが上がってしまいましたね…
さて、今日は家に帰って来てDJコンを接続もせず適当にmixxxで遊ぼうかなと思って起動しました。前回の不具合の状態から、不具合に関係しそうなところは設定を弄ってません。

ですが前回話した
・何故か再生速度が遅い
・BPMガバガバ
という二点の不具合がなくなりました。普通の速度で普通のキーで再生されましたし、シンクを使ったらまったく同じBPMになりました。



え? なんで????



試しにVCI380を接続してプレイしてみても特に問題が見当たりません…
前のあの不具合マジなんだったんだ…
気持ち動作が重いのと、ヘッドホンアウトを設定出来ない意外は至って普通です。


ちなみに変更点はスキン(画面の見た目)を変更しただけです。ジョグを使わず将来的に4chフルシンクDJをするにはこれが一番だと思います(色が気に入らないけど)



前回の不具合は何が原因か未だサッパリですが、逆に現場で起こったらと思うと怖いですね。もう少し検証が必要みたいです。

一応現在の設定はこのようになっています。



あとキーボードショートカットでDJしてみたりもしたんですがseratoと使い勝手が違うので今後serato準拠のマッピングにしたいです(キーボードマッピングは変える事ができます)慣れてしまえばこれだけで出来そうな気がしますがTRAKTOR X1やAKAI AMXのような小さめのMIDIコンでやってみたいと思います。





mixxxの運用がんばるぞい!