2016年1月30日土曜日

(半分DJ用に)トラックボールマウス購入

リアルがっこうぐらしが始まりました。実験やらテストやらで死にそうな一週間をどうにか乗り越えたいgekkoです。

さて、先日mixxx用のMIDIコンを買おう(→前回はこちら)とハードオフをブラついてたらこんな物を発見しました。





SANWA製トラックボールマウスです。
1620円で購入できました。



自分はMacなのでトラックパッドさえあればいいと言えばいいのですが、前に遊びに行ったイベントのDJさんでオーディオインターフェース直出しでその他の操作はキーボードやトラックボールだけで行っている方がいました。





確かにタンテやCDJと比べると見た目は良くないのかもしれませんが、システムが完成してしまえば持ち運ぶ荷物が少なく、自宅と同じ環境でプレイできるので合理的ですね。
普通のマウスではなくトラックボールマウスをタンテの上に置いて操作していたので使う際にスペースを取ったりしないのも頭がいいなと思ってました。





自分のメインのPCDJソフトはseratoですが、こいつは対応してるコントローラーが繋がっていないとDJができないです。
ですが前々から弄り始めたmixxxはtraktorのようにインターフェースやコントローラーのマッピングがかなり自由なので面白そうなことが出来そうだなと感じていました。
ジョグなしのコントローラーでDJプレイをしてみたいというちょっとした夢があるのでトラックボールを購入。


正直今まで使ったことがないのでいきすぎたり、細かい操作がまだ覚束ないですが、小スペースで動かすのにはかなりいいんじゃないでしょうか?
サイドにサブのボタンがついていたらショートカットを入れてみたり出来たのかなとは思いますが安かったのでその辺は妥協ですね。



あとはtraktorX1のような小さなコントローラーとオーディオインターフェースを買ってフルシンク前提の環境を構築していきたいです。







ついでに4chのUSBハブを購入しました。