2016年5月14日土曜日

serato videoで勝手にXFエフェクトが変わることが起きたので

来週に迫ったオタクションのために色々と大忙しな日々が続いております。
本気でVDJするからみんなきてね!



さて、今日はそんな準備の時に起こったトラブル(?)の対処法の備忘録です。
自分はVDJの際はserato videoを使用しています。
普段は横フェーダーを使わない(事故が怖い&PCDJコンの横フェが壊れかけてる)のでVDJ時のトランジション程度にしか使いません。

serato videoでは横フェーダーで各デッキにロードされた映像の重ね方を設定できるのですが、前々からいつの間にかその値が変わっていることに気がつきました。

まず、デッキロード時のMIDI信号を疑いましたが、手動でデッキにロードしたところエフェクトが変わってしまいました…ナンテコッタ…

つまり「デッキにロードするとエフェクトが勝手に変わってしまう」ということですね。
そんなのあるわけないだろ! と思っていたらまさかまさかのありました。





こちら、serato videoのスクショです。

中央よりの左一番下に「自動トランジション」とありますね。
これが「ON」や「ランダム」、「次」になっていると自動で横フェ使用時のエフェクトが変わってしまいます。

VDJ時のマンネリ化を防ぐための機能でしょうが自分はいりません。
おとなしくこの機能をオフにすれば何も変化することなくプレイできました。


使ってない機能でもちょっとずつ触って理解していきたいものですね。

特にserato videoは映像を使えるものの制約が厳しい&詳しく書いていないので実験していきたいと思います。