2017年2月28日火曜日

Allen&Heath製ヘッドホンXD2-53のイヤーパッドを交換してみた

先週FF01が終わり、つい先日もう一つのVJ案件が終わりひと段落しました。
久しぶりの案件なし状態です。DJオファーお待ちしてます!

そういえば明日3月1日はgekkoの誕生日なわけなんですがAmazonの欲しいものリストに色々まとめてあります!
もしよろしければ是非お願いします!


さて、そろそろ本来のブログ趣旨である機材関連のお話をチョイチョイ買いていこうかなって思います。



自分の使っているヘッドホンはテクノ・ハウスDJの中で知らない人はいないメーカーAllen&Heath製「XD2-53」です。ミキサーとかで有名でヘッドホンを作ってるなんてあまり知られてないですよね。
ですが、このヘッドホンは知る人ぞ知る名機なんです。2万円以下ながら良い音が出るんですよね。
とはいえ自分も購入できたのがほんと運がいいレベルの品で、今では生産中止…
もともと流通量も少ないので替えの部品が手に入りづらいんです。
そして、もともとついてきたイヤーパッドが元々悪いのかわかりませんがすぐにボロボロになってしまいました。

そんななかで、去年あたりにTwitterでDJ用のヘッドホンについてのアンケートを取った時に気になる返事があったんですよ。

「HDJ-2000用のイヤーパッドとXD2-53のイヤーパッドの径が同じ」
らしいんですよこれが。
アレヒ純正のイヤーパッドなんて海外サイトくらいでしか買えませんし、もしこれが本当ならかなり楽ですよね。

今では2000mk2用(マイナーアップデート版?)しか売られていないみたいです。
値段は4000〜5000円くらいかかるのですが早速購入しました。



Pioneer製っぽい感じですね。


中身はこんな感じです。
かなり高級感のあるイヤーパッドですね。
HDJ-2000mk2は37000円くらいする高級ヘッドホンですしそれ相応の見た目をしていますね。


ちなみにこれが元々ついていたボロボロのアレヒ純正のイヤーパッドとの比較ですw
左がHDJ-2000mk2の、右がアレヒです。一年間と少しの間酷使してきたのでボロボロですね…




早速換装してみました。
かなりハメづらいのですが一度着けばなかなか外れづらい構造です。
少し危惧していた互換性のなさも特になく問題はなさそうです。



見た目はさほど変わりませんが、装着感は別物です。
Pioneerはハードの出来はとてもいいのですがイヤーパッドも然りです。5000円近くかかったのですがそれ相応の価値はあります。



全国の数少ないであろうXD2-53ユーザーの方、購入検討してみてもいいと思いますよ!!!