2018年2月28日水曜日

折り畳み式PCDJ用「Euro Style ESL-400」スタンドレビュー

 今回ご紹介するのはMusicHouseフレンズさんにて特価で販売していたこちらの折り畳み式PCDJスタンド「Euro Style ESL-400」になります!

 遠征等でスタンドをよく持ち歩くっていう方にお勧めですよ~











 非展開時には一つの板のような形状となっています。




アーム、足の部分の付け根にあるボタンを押し込むことでスタンドの形状に展開することが可能です。


 また、柱の部分には穴が開いていて、付属のインターフェーススタンドを差し込むことで小物を置くことが可能になっています。

 普通のスタンドよりもガッシリしている感じがして、十分に使えそうです。

 値段はB級品とのことで若干安い2500円+送料の500円の合計3000円。
 結構安かったのと卒論の辛さで衝動買いしました。





実際に手にした感じのメリット、デメリットをまとめてみました!

メリット
・持ち運び、組み立てが楽ちん
・値段がいい感じ
・地味に小物置き場が使いやすい

デメリット
・全体的にチープ感が否めない
・スタンドの高さの調節が不可能









こんな感じですね。順に紹介していこうと思います。





メリット
・持ち運び、組み立てが楽ちん
 なんといってもこれにつきます。一般的なPCDJスタンドは分解はできても、各パーツはバラバラになってしまいますし現場での組み立てには若干時間がかかります。特にスタンドの上下を間違えて取り付けてしまった場合だったり、高さを間違えて取り付けてしまって一からやり直し…なんていう経験は一度はあるんじゃないでしょうか。



 ESL-400は(小物置き場を除き)分解することなく収納形態になりますし、二つのボタンを押しながら展開するだけなので展開に1分もかかりません。

 日ごろから面倒な設置作業に追われていた身としては衝撃的でしたね。



・値段がいい感じ
 こちらも重要な点かと思います。
 ESL-400以外にも折り畳み可能なスタンドはいくつかあるのですが、1万円以上の値段が大半です。確かに高機能なのですが、たかだかPCスタンドにそれだけの値段は…って感じちゃうんですよね。
 3000円程度なら一般的なスタンドともあまり値段が変わりませんし(というかちょっと安いくらいなのでは)手軽に購入できるかと思います。


・地味に小物置き場が使いやすい
 こちらは限定的かもしれませんが個人的には画期的な機能でした。




 自分のDJスタイルは主にミキサーを使ったエクスターナルミックスです。DJミキサーにUSBがついていて対応していればいいのですが、たまーに非対応のミキサーの現場に出くわすことがあります。
 そんなときは自分でインターフェースを持っていくんですけど、これが意外と置き場所に悩むんですよね。
 最初から最後までいる前提であってもブース上のケーブルごちゃごちゃしたところに置きたくないです…
この小物置き場にインターフェースを設置すればそのあたりの問題を解決できそうです。

また、VJであればダウンコンバーター等を置くこともできそうですし、狭いブースを効率よく使うツールとしても優秀そうです。



デメリット
・全体的にチープ感が否めない
 まあ値段相応といったところです。造りはいいのですが全体的に無骨という感じはやはりします。また、下方向へは(本体の重さで)しっかりと固定されますが上に持ち上げたりすると多少ぐらつきます。


・スタンドの高さの調節が不可能
 これはちょっと予想外というか手にしてみて気づいたある意味致命的な問題でした。
 一般的なPCDJスタンドはネジの取り付け位置で高さの調節が可能でした。しかしESL-400では折り畳み機能はあれども高さの調節機能はありません!
 前述の高級な折り畳みスタンドにはこの機能は搭載されているので、やはり安かろう…ということなんでしょうね…





 こんな感じでした。
 折り畳み自体はとてもいいですし、値段も手ごろでしたが高さ調節機能は今後少し問題となってきそうです…
 その際は普通のスタンドを使う感じで対処していこうかなと思うのでどうにか対応できる問題だったのが幸いです。